2018年10月16日火曜日

第112話「沖縄旅行」


 Y氏は生まれてこの方、北海道の地から一度も外へ出た事がない。

そんなY氏はつい先日、古い知人からこんな誘いを受けた。

「実は一週間後に、友人5人で沖縄へ旅行の予定になっていたのだが、その内の一人が急に行けなくなってしまって

知人は困り果てた様子で、更にこう付け加えた。

「既に予約を済ませているので高額なキャンセル料がかかってしまうのだが、もしYさんの都合が良ければ一緒に沖縄へ行かないか?」

「いいよ、予定は空いているから。ただ

Y氏は何故か言葉を濁した。

その後、旅行前日のギリギリになった時、Y氏は知人に次の連絡を入れた。

「よし、明日から一緒に沖縄へ行こう!今日、ようやくパスポートがとれたよ」

2018年7月18日水曜日

第111話「受刑者の罪」


「よし、今日からここがお前の部屋だ」

その日、Y氏は看守に連れられて雑居房に送り込まれた。

やがて一週間もすると、Y氏はすっかり他の因人達と打ち解けた。

「それにしても、Yさんの話は面白いな」

「ほんと、腹の皮がよじれそうだよ」

Y氏は暇さえあれば、他の因人に笑い話を聞かせた。

その晩も、因人達はY氏の話に聞き入っていた。

「アッ、ハッ、ハッ、ハッ


すると、一人の因人がお腹を抱えて笑い転げながら、絞り出すように声を上げる。

「もう止めてくれ!これ以上聞くと、笑い死にしそうだよ」

そこで、別の因人がY氏に話しかけた。

「ところでYさんは、ここへ何の罪でやって来たの?」

「俺はただ、友人に面白い話を聞かせただけさ

2018年4月24日火曜日

第110話「宅配便」


 K子は元交際相手からのストーカー被害を受け、心身共に疲労していた。
 
 警察に相談しても、まともに取り合ってはくれない。
 
 そんな中で、男のストーカー行為は更にエスカレートしていく

―このままじゃ、何をされるか分からない―
 
 身の危険すら感じていたK子は、やむを得ず新居へと移り住んだ。

―あの男は、もう二度と私の前に現れる事はない―
 
 それからというもの、K子の生活に再び平穏が訪れた。

 そんなある日の事、自宅の玄関チャイムが鳴った。

 インターホン越しに聞こえてきたのは宅配業者の声。

―楽しみに待っていた、あの荷物だわ!―

 K子は心弾ませ、そして玄関のドアを開けた。

 すると、二度と見る筈のない男が荷物を持って

2018年2月1日木曜日

第109話「極上かりんとう」

ある日、スーパーで買い物中のY氏は、偶然にも昔の知人と再会した。

「どうも、お久しぶりです。これ、食べた事ありますか?」

知人は、かりんとうのお菓子を手にしている。

「いえ、ありませんが」

「これ、味が極上ですよ

 知人は、それだけをY氏に言い残した。

―そんなに極上なのか?―

 Y氏が試しに買って食べてみると

「この甘さは、病みつきになる」

 それ以来、極上かりんとうはY氏を虜にした。

 後年、Y氏は道端で再びあの知人と偶然に出会った。

「また、お会いしましたね。ところで、極上かりんとう、食べてみましたか?」

「はい、確かに味は極上です。お陰様で糖尿病を患ってしまい

2017年11月5日日曜日

第108話「階段」

 Y氏は子供の頃から、人生の階段をトントン拍子に駆け上ってきた。
 
 小学校から成績は常にトップクラス。

そして一流大学に進学すると、そのまま一流企業へ就職。

おまけに、都内にマイホームを建て、ガレージには高級外車。

その上、妻はとびきりの美人である。

正に、人も羨むエリート人生とはこの事だ。

しかし、数年前にY氏は人生で最大の挫折を味わった。

その時、Y氏は人生の更なる階段を上る覚悟を決めた。

そして、いよいよその日がやって来た。

「何か、思い残す事はないか?」

「はい、何もありません」

「よし、そろそろ時間だ」

 看守に促されて、Y氏は処刑台へと続く最後の階段を上った。

2017年8月13日日曜日

第107話「未来日記」

 高校に進学したY子は、両親から一冊の日記帳をプレゼントされた。

 真新しい白紙のページを開くと、Y子はある名案を思い付く。

「普通の日記を書くだけじゃつまらない。だったら楽しい明日を想像して、それを日

記にしよう」

 そこでY子は、この日記を”未来日記”と名付けた。

 そして最初のページに日記を書くと、次の日から不思議な事が起こり始めたのだ。

「何て事かしら?日記に書いた事が、本当に現実になるなんて」

 Y子は当初、それはただの偶然であると思っていた。

 しかし、同じ事は毎日のように続いた。次の日も、その次の日も...

  文字通り未来日記である。

 そして一年後、未来日記は全てのページが埋まった。

 すると、Y子の明日も空白となり...

2017年5月20日土曜日

第106話「健忘症」

ーあれは何だったかな...ー

Y氏は、ここのところ物忘れがひどい。

その日、Y氏は昼過ぎから買い物に出掛けたが、いざデパートに着いてみると何を買

いに来たのかさえ忘れてしまう始末だった。

仕方なく何も買わないまま、Y氏は手ぶらでトボトボと家路をたどる羽目になった。

そして自宅マンションに到着し、鍵を閉めていた事さえも忘れて玄関のドアを開けよ

うとした。

すると...、なぜかドアがスッと開いてしまったのだ。

ーあれっ、鍵は閉めた筈なのにー

ふと、Y氏の記憶が蘇った。

ー空き巣かもしれないー

直ぐに警察へ連絡をすると、駆け付けた警察官が事情を確認してY氏にこう告げた。

「ここは、あなたの部屋のちょうど真下なのですが...」